「アイ(眼)サポート」サプリメント・全商品一覧

「アイ(眼)サポート」サプリメント

目の疲れ イラスト(女性)

 最近目が疲れやすいなぁ、なんか見えにくくなってる。1日中ずっとパソコン作業で、目が疲れた。そんな生活習慣の悩みを解消するのに、ビルベリーやカシス、ルテインやルチンといった成分がお役に立ちます。

また、ルチン系サプリメントは生活習慣が気になる中高年世代が注目すべきサラサラやディフェンス力サポート成分としても期待されています。

その他にも、「見る健康」をサポートする成分サプリを網羅してご紹介しています。

複合成分タイプ

複合成分タイプ

おすすめ
アセロラパウダー (4倍濃縮)
(171g)※約47回分
■1,010円
アセロラの4倍濃縮エキスをパウダー化しました。

詳細を見る

アントシアニン

アントシアニン

一口にアントシアニンといっても、様々な種類のアントシアニンがあり、現在までに500種類以上ものアントシアニンが発見されています。

中でも、アントシアニンの視覚機能に関する研究においては、ビルベリーとカシスが群を抜いており、目の健康に役立つアントシアニンが含まれる果実として注目されています。

詳細を見る

ルテイン

ルテイン

ルテインとは、カルテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれており、体内で強力な抗酸化作用を発揮しますが、体内で合成できない栄養素です。

最近では、ルテインをサプリメントなどで補給することをすすめる眼科医も増えてきているようです。
また、ルテインはビルベリーと一緒に摂取することで、その吸収率が向上するといわれています。

詳細を見る

ルチン

ルチン

ルチンの一番の働きは、傷んだ血管を修復して血流をよくすることです。
このことから、血液の循環に関わる健康のサポートが期待できます。

ルチンはアイサポートだけでなく花粉の季節やサラサラの健康にも役立ちます。

詳細を見る

アスタキサンチン

アスタキサンチン

アスタキサンチンはトマトや人参に含まれるリコペン、β-カロテンと同じカロテノイドの一種で、その抗酸化力はビタミンEの約1,000倍といわれています。

アスタキサンチンは目の老化防止にも有用だとされ、他の抗酸化物質が通れない脳や目の入口にある、「血液脳関門」「血液網膜関門」という関所を通過することができる数少ない物質です。

詳細を見る

ギンコライド

ギンコライド

ギンコライドとは、イチョウ葉エキスのみに含まれるファイトケミカルのことで、強力な抗酸化作用があり、活性酸素から細胞を守る働きがあります。

イチョウ葉エキスに含まれる30種類ものフラボノイドの中でも血液の循環をよくする働きが特に高いといわれている「二重フラボン」と呼ばれるが特有成分が6種類も確認されています。

詳細を見る

β-カロテン

ベータカロテン

β-カロテンはニンジンやカボチャなどの黄橙色野菜に含まれているカロテノイドです。
別名、『植物性ビタミンA』などとも呼ばれます。

ビタミンAが不足すると夜盲症を引き起こす可能性があります。
また、夜盲症が進行すると眼球の乾燥にも拍車がかかりドライアイになりやすく、目の表面の細胞も傷つきやすくなります。
夜盲症は進行すると失明の恐れもある怖い病気です。

詳細を見る

アイブライト

ハーブ

アイブライトは昔から目の健康に役立つハーブとして親しまれてきました。

アイブライトは特に眼、鼻、喉の粘膜に働きかけ、これらの器官を強化する働きがあります。

詳細を見る

コラム「眼にまつわる悩み」

目の疲れ イラスト(男性)

現代人の「目の悩み」の調査によると、スマホ・パソコンの使い過ぎ、コンタクトによるダメージ、加齢によるピント調節機能の低下など、同じ「疲れ目」「かすみ目」でも、原因には違いがあるようです。

最も多い対処法は「目薬をさす」ことのようですが、前述の通り、「疲れ目」「かすみ目」の症状や原因はさまざまです。

目の酷使が原因であれば、ピント調節機能を回復させる成分の目薬。
コンタクトユーザーの方で、目の乾燥やそれに伴う角膜へのダメージが気になる場合は、目の潤いを保つ成分や、角膜保護成分のある目薬。

加齢による目の不調を感じる人は、加齢に伴って起こる涙液減少や目やにをおさえてくれる目薬などを選ぶとよいでしょう。

それと同時に、眼に対する内側からの栄養補給も同時に行うことが重要になってきます。

1万円以上全国送料無料 後払いもOK

1つ前のページに戻る

ホームへ戻る

このページのトップへ戻る

サプリメント等についての注意事項
●為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更となります。ご注文以降に価格が変更となっても値引きには応じかねますので、予めご了承ください。

●メーカーの都合により、パッケージデザインが変更になることがあります。また、商品情報は常に最新であるよう努めておりますが、更新が遅れる場合もございます。パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージの英文優先とさせていただきます。
★サプリメントは健康補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。医師による治療、処方薬の服用をしている場合、サプリメントの使用について担当医師の指導を受けて下さい。自己判断で治療・医薬品の使用を中断し、サプリメントを使用するような行為は絶対にお止めください。

★メーカーの示す摂取目安は必ずお守り下さい。ラベルに表示されている摂取量の目安は、平均的なアメリカ人の体格(体重約60kg)を基準にしています。お子様や体重の軽い方は、体重による比例計算をして摂取量の目安にしてください。

★アメリカでは食品と認められていても、日本国内では医薬品成分にあたるものが含まれることもあります。成分に不安があるときは、担当医師にご相談ください。

★個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。規制の範囲内で必要分をご購入下さい。

★個人輸入で海外よりご購入した商品は、ご購入から使用まで、すべて自己責任となりますことを予めご了承ください。自己責任による「個人使用」のみが許可されています。その為、個人輸入した商品を第三者へ譲渡・転売することは法律により禁止されております。